メニュー 閉じる

源が入り、七福神が自動でドアに差し掛かりますが、いい兆しがなければどうしよう

Chapter 138鋼鉄の直人の正体

11月18日、西安サウナと乗組員は「不自然な死」のオープニングセレモニーを行い、雲の中の別のジジを焼き、公式の撮影の始まりを表した。

西安サウナにはまだ撮影チームがあり、副監督は津村春樹が務めていますが、今回は近衛瞳も連れて来られます。

この愚かな少女は、「人間観察」の訓練を受けた後の優秀な雑多な少女であり、非常に活発です。今回は、新しい乗務員にも割り当てられ、仕事をしました。主に、西安サウナの用事を実行し、パートタイムで行動しています。数行の長期的なトリック-演技スキルはあまり必要ありません。見ながら流暢に話すことができます。

彼女の努力が実を結び始め、徐々に人間の背景から離れ始めたと感じ、彼女はとても幸せでした。

準備は十分で、撮影はスムーズに進みました。泉優子はその衝動を洗い流した後、1994年に新人王になるには運が悪かったことを示しました。彼女はフェミニンな魅力的なスタイルで暗黙のうちに微笑みました目に心地よいです。

言い換えれば、西安サウナの目には、彼女はツールパーソンになるのに非常に適しています-TVシリーズの撮影の過程で、俳優はクリエイティブチームの表現ツールであり、軽蔑的な言葉ではありません。

西安サウナは彼女にドラマについて語り続け、最後のショットは何だったのか、次のショットは何だったのか、この短い撮影期間中のムードの種類、そして人生を離れずに彼女を見せるための方法を彼女に伝えました。そのような「劇的な緊張」は、これらのクリップが将来にわたって継続し、彼が望む効果を達成できるようにするために、彼女のあらゆる動きに厳しい要件さえ持って西安桑拿います。

これが必要です。泉優子が主人公です。シーン、衣装、クリエイティブチームの前のテ西安夜网论坛ーマの定義、劇全体のロジックなど、これらすべてが最終的には彼女にかかっています。 、聴衆の注意は常に彼女の後に続き、彼女が観察するものを観察し、彼女が聞くものを聞き、そして彼女はすべてに含まれる感情を行動と表現を通じて聴衆に伝え、聴衆が自分の考えていることを考え、そうでなければ彼女はできる公演が失敗したと発表した。

西安サウナはこの点を非常に重視しているので、彼女は特に彼女を心配していますが、これは仕方がありません。